お役立ち技術情報

 

節電・CO2
削減対策
ボイラー省エネCO2削減 オゾン水殺菌システム 反応熱制御 純酸素溶液栽培   高濃度酸素  溶解装置 溶存酸素 除去 フィルター不要濾過システム

 

純酸素養液栽培装置(水中へ大量の気体=酸素を溶解する画期的装置)

T.酸素供給の意義           
   養液栽培では、根は必要とする酸素の多くを培養液から吸収します。とりわけ根が培養液に浸かった状態で湛液式の水耕栽培では、その傾向が強い。1気圧25℃の条件では、水1リットルに溶解する飽和溶存酸素量は、8.3mgで同体積の空気中に存在する酸素量262mgの僅か3%に過ぎません。例えばトマトの根の酸素吸収速度を0.26mg/g/時間とした場合、1気圧25℃の条件で水1リットルに溶解する飽和溶存酸素量は、計算上僅か10gの値で3時間足らずで消費してしまう。しかも、溶存酸素濃度がおよそ1.5mg/g(1.5ppm)以下になると根の呼吸作用が低下するため、実際には更に早い時間で根は酸素不足状態になります。
   根への酸素供給量が不足すると、根の伸長能動的あるいは選択的な養分の吸収、吸収された養分の根での代謝、植物ホルモンの合成など、様々な根の生長が阻害されます。養液栽培では根への酸素供給量が作物の生長に対して制限要因となります。
U.酸素供給と養水分吸収
 

養液栽培では、根への酸素供給量が低下すると養水分の吸収が減少します。低酸素濃度条件下では概してリン、カリウム、マグネシウム、カルシウム、マンガン吸収が阻害されやすい。硝酸態窒素、水分の吸収は、他の養分に比べ低酸素濃度条件の影響は少ない。

養液栽培される野菜の中で、ミツバ、ナスなどは比較的酸素濃度の低い条件にも耐えると言われています。

酸素要求量の多いトマト、キュウリは、イチゴ、メロンなどと同様に、酸素供給量が多いほど成長量は増加します。

  トマト・・・・・トマトの根は水中酸素も大気酸素もよく吸収する

  イチゴ・・・・・酸素濃度の低い条件では良好な成長は難しい

  キュウリ・・・初期から溶存酸素を高め、酸素供給を充分に行う必要がある

V.酸素濃度と根の適応
 

 溶存酸素の低い条件で養液栽培された作物の根は、溶存酸素の高い条件で養液栽培された根に比べ、分枝根が多い。根が太い根は根圏の酸素条件に対して適応する能力を持っているが、急激な環境条件の変化に対しては適応できない。ひどい場合には、根が傷み根腐れをおこします。

果采類など果実の収穫が始まるころは、根量も多く酸素吸収量も多い。この様な時期に序々にでも酸素供給量を低下させると根の活性を弱めます。

W.高濃度溶存酸素供給システム
 
Y.導入例
水耕・養液栽培
  夏季、水温の上昇と共に減少する水中溶存酸素濃度の適正化を図り、栄養分の吸収を促進して作物の健全育成を助長します。
  (水中での酸素移動速度は大気中の1000分の1と遅く、根の周りはいつも酸素不足となりがちです。)
  バラ・ほうれん草・細ねぎ・トマト・ピーマン・キュウリ・ナス・イチゴ栽培に(ハウス面積300〜600坪、液肥水量20〜50t水槽内循環型)
以下高濃度酸素溶解装置のその他の用途例
○産業排水浄化(畜産排水浄化)
  酸素を大量に溶解することが可能なため、容積負荷対応能力が高く、高濃度排水や高負荷変動の排水処理に適しています。また、汚泥の減容効果も期待できます。
食品加工工場廃水浄化(工場排出負荷測定例)
  生物化学的酸素要求量 原水(原水槽) 9,400mg/L→導入後処理水(放流直前)5.1mg/L
  化学的酸素要求量    原水(原水槽) 3,700mg/L→導入後処理水(放流直前)14mg/L
ケミカル系廃水浄化
  BOD除去率96〜98%
○水産養殖
  水族館や魚の養殖場において必要とする溶存酸素量の安定的確保、維持が容易となります。また、水底部に堆積する汚濁分解や給餌時の負荷変動にも有効です
○河川湖沼浄化
  汚濁が堆積し、水質の悪化が著しい河川湖沼。水底部の溶存酸素濃度を高め、好気性微生物の活性を図り、堆積汚泥を分解、水質浄化へと導きます。
○汚染土壌の浄化
  高濃度酸素水が土中の微生物を活性化させ、短期間で汚染土壌の浄化を促進します。
  腐敗環境下にある処分場においても早期の土壌化が期待できます。(悪臭除去・有機物の分解促進)
○機能水
  水中に酸素以外の気体溶解も可能です。二酸化炭素の水中固定・pH調整。水素・酸素溶解での還元・酸化。窒素溶解で脱酸素水、オゾン溶解で殺菌水。
  いろいろな用途で利用されています。
オゾン機能水 ○悪臭対策 ○硫化水素除去 ○果汁廃液浄化 ○洗米廃水浄化
Z.当社の考え・取り組み  
当社ではお客様のニーズにをお聞きし最適なシステムをご提案いたします。まずは資料請求をされては?  
・排水処理能力の向上を図りたいと考えている方!
・排水処理で悪臭対策を検討している方!
・DO値の改善に苦慮されている方!
資料請求されてはいかがですか。きっと解決方法が見つかります。
貴プラントで貸出機でのデモテストも承ります。

 

価格は処理水量等仕様を打合せさせていただいた上での見積りとなりますので、下記フォームでお問い合わせください

TEL 075-681-2506                  PAGETOPへ

 
 
 
 
Copyrights(c) KYOWA 2001 All Rights Reserved