節電・CO2 削減対策 乾燥減容装置 オゾン水殺菌システム 食品賞味期限延長 純酸素溶液栽培 高濃度酸素溶解装置 溶存酸素除去 フィルター不要濾過システム
お役立ち技術情報     三浦
 

高濃度酸素溶解装置(水中へ大量の気体=酸素他を無気泡で溶解する画期的装置) 

従来のシステムは水中に空気(酸素)を送る曝気方式が一般的であったが、この高濃度酸素溶解装置は酸素(その他ガスも)の中へ水を通すことで、高い酸素(気体)溶解能力を有するものです。よって省電力で高効率で酸素(気体)を水中(液体)に溶解することができる画期的装置であります。

産業排水の処理には様々な処理方法がありますが、食品、化学工業などにおけるBOD主体の排水の処理には、活性汚泥を用いた好気性生物処理(標準活性汚泥法)が広く用いられています。活性汚泥法では空気曝気によりバクテリアの活動に必要な酸素を供給しますが、空気中には酸素が21%しか含まれていないため溶存酸素濃度や酸素吸収効率は低いのが普通です。そのため排水の高負荷処理や高濃度処理が困難でした。
これに対し酸素活性汚泥処理は、このもっとも一般的に普及している標準活性汚泥処理法の延長線上にあり、基本原理は同様でありながらも、空気の代わりに純酸素を溶解することにより酸素吸収効率を高め、槽内溶存酸素濃度(DO値)も高く維持できるようになります。これによって槽内のバクテリアが活性化し、処理槽の浄化能力が高くなります。

T.特  長           
 

・従来の曝気方式に変わるまったく新しい発想の無気泡酸素(その他ガスも)溶解装置です。曝気ブロワーが不要で省電力となります。

    気体(酸素)の中に水(原水)を通過させるという逆転の発想から生まれました。水には62%の隙間があります。この隙間に元々溶けている気体を目的とする気体(酸素等)に置換することで高濃度溶解が可能となりました。従来の曝気装置と比較して50〜100倍の酸素溶解能力があります。
  酸素溶解効率100%近くでマイクロナノバブルより高い効率で低コストな処理が行えます。
    必要酸素量に応じて最適なシステムを設計し、酸素ガスを無駄なく利用します。
  排ガス飛沫が大幅に低減されクリーンな処理が行えます。
U.従来曝気槽の問題点 
  曝気槽では、活性汚泥に排水の有機物を取り込ませ、生物化学処理させることを目的としています。これまではブロアーやエアレーターを使ったエアレーションシステムが一般的に採用されてきました。けれども通常の空気中の酸素濃度(21%)の中では、水中に溶け得る酸素量も限られています。いくらエアレーションシステムで空気中の酸素を溶け込まそうにも、通常の状態では8ppm程度の酸素量しか溶けません。そのためDO(溶存酸素)管理が難しく、たとえ活動量を多くするためにいくら空気量を増やしても、酸素供給量が追いつかなかったり、過曝気状態になり、空気の気泡が活性汚泥の活動を妨げたりしていたのです.また、空気を曝気槽の底からブクブクと入れていたこれまでのシステムでは、その中の約1%しか水中に酸素が溶け込まず、効率が悪いばかりか、排気ガスによる悪臭の放出にもつながってします
V.高濃度酸素溶解(活性汚泥)システムのメリット(汚泥処理以外での導入例はY.導入例を参照してください) 
  ・処理能力が標準活性汚泥処理の約5倍程度となる 常温で酸素25g/ton/passの性能
  ・高濃度排水処理ができる (希釈水の削減可能)
  ・装置通水量に対し1passで30ppm/ton程度の溶解能力
  DO値を高く(8分で50ppm)維持できるため負荷変動に強い(下記比較表参照)
  ・汚泥の凝集性が改善され、沈殿槽で沈降性(沈降速度)が良好で脱水性がよい。バルキング(沈降不良)も発生しません。
  余剰汚泥の発生量が標準活性汚泥法に比べて少ない
  ・敷地面積が小さくて済む。 (既存設備を同面積で大幅に能力アップできる)ラグーン処理のような広い用地は不用。ラグーンには好気性と嫌気性がある
  ・放散ガスがほとんどないので臭いや飛沫の問題改善に役立つ
  以上のメリットにより大幅にトータルコストダウンを実現
W.従来システムとのDO値比較 当純酸素溶解システムでは8分でDO値50PPMを実現
 
    純酸素溶解と大気溶解の溶解酸素量(mg/g)
高濃度酸素溶解装置
  PAGETOPへ
       従来のエアレーションシステム    高濃度酸素溶解システム  
      高濃度酸素溶解装置を使用することにより排ガス(悪臭)は・・・・  
X.食品加工工場廃水浄化事例  BOD・COD除去率99%以上  浮遊物(SS)もほとんど無くなる
ODとは生物化学的酸素要求量で一般的な水質指標のひとつ
Y.導入例
乳業工場の悪臭と騒音対策に(脱水ケーキ量低減例)
  排水量 1,100m3/日   BOD 50mg/L規制 
パン工場廃水浄化
  BOD除去率99%以上 
洗米廃水浄化(乳化白濁水をそのまま生物処理槽へ投入し、原水無希釈でBOD・COD除去率99%以上)
果汁廃液浄化(原水PH3.7→NaOH無添加で処理槽PH7前後推移。BOD・COD98%以上除去。SS浮遊物は100%除去)
ケミカル系廃水浄化
  BOD除去率96〜98% ノルマルヘキサン排水対策
○水産養殖
 

水族館や魚の養殖場において必要とする溶存酸素量の安定的確保、維持が容易となります。また、水底部に堆積する汚濁分解や給餌時の負荷変動にも有効です

うなぎ養殖で期待される効果

  養殖密度の向上 : 給餌の際のDO低下に対応可能
  育成期間の短縮 : 餌食いの向上、給餌率が従来の1.5倍に増加
  育成率の向上 : 成長のばらつきが減少し、選定の手間が減る
  病気の減少 : 微生物による排泄物の分解促進で環境改善が可能
         寄生虫が減少、ウナギ自身も元気なので病気になりにくい

その他の養殖で期待される効果

  濾過洗浄回数減
  水質安定
  斃死率激減(罹病率減少)
  飼育魚健康管理改善

水族館では微生物による排泄物の分解促進で病気も減少し、透明度も向上します

水耕・養液栽培
  夏季、水温の上昇と共に減少する水中溶存酸素濃度の適正化を図り、栄養分の吸収を促進して作物の健全育成を助長します。
  (水中での酸素移動速度は大気中の1000分の1と遅く、根の周りはいつも酸素不足となりがちです。)
  バラ・ほうれん草・細ねぎ・トマト・ピーマン・キュウリ・ナス・イチゴ栽培に(ハウス面積300〜600坪、液肥水量20〜50t水槽内循環型)
河川湖沼浄化
  汚濁(ヘドロ)が堆積し、水質の悪化が著しい河川湖沼。水底部の溶存酸素濃度を高め、好気性微生物の活性を図り、堆積汚泥を分解、水質浄化へと導きます。曝気装置では不可能であった水底部の溶存酸素濃度を高めることが可能。
○汚染土壌の浄化
  高濃度酸素水が土中の微生物を活性化させ、短期間で汚染土壌の浄化を促進します。
  腐敗環境下にある処分場においても早期の土壌化が期待できます。(悪臭除去・有機物の分解促進)
○機能水
  水中に酸素以外の気体溶解も可能です。二酸化炭素の水中固定・pH調整。水素・酸素溶解での還元・酸化。窒素溶解で脱酸素水、オゾン溶解で殺菌水。
  いろいろな用途で利用されています。水素溶解では2ppm(循環)オゾン溶解では5ppm・ORP(酸素還元電位)では800mvが可能。
オゾン機能水 ○悪臭対策  
硫化水素除去(溶存酸素を増やすことにより長期間貯留された水・海水中の硫化水素をの除去。酸化還元電位−233→53時間後+9、101時間後+165)
Z.当社の考え・取り組み  
当社ではお客様のニーズにをお聞きし最適なシステムをご提案いたします。まずは資料請求をされては?  
・排水処理能力の向上を図りたいと考えている方、設備の新・増設をお考えの方!
・排水処理で悪臭対策を検討している方!
・DO値の改善に苦慮されている方!
資料請求されてはいかがですか。きっと解決方法が見つかります。
メーカー工場でのサンプルテスト後、貴プラントで貸出機でのデモテストも承ります。
非常にリーゾナブルな価格でシステムを提供いたします。

上場企業多数導入実績あり

排水処理設計施工業者の方からも、多数お問い合わせいただいております。

価格は処理水量等仕様を打合せさせていただいた上での見積りとなりますので、下記フォームでお問い合わせください


                            TEL 075-681-2506                      PAGETOPへ

 
 
 
 
Copyrights(c) KYOWA 2001 All Rights Reserved