節電・CO2 削減対策 乾燥減容装置 オゾン水殺菌システム 食品賞味期限延長 純酸素溶液栽培 高濃度酸素溶解装置 溶存酸素除去 フィルター不要濾過システム
お役立ち技術情報      

 

デモ機によるテストできます。効果をご確認ください。

窒素ガス利用溶存酸素除去(脱酸素装置)

従来のシステムは水中(液体)に窒素を送るバブリング方式が一般的であったが、当溶存酸素除去装置は窒素(その他ガスも)の中へ水(液体)を通すことで、高い気体溶解能力を有するものです。よって省電力で高効率で気体を水中(液体)に溶解することができる画期的装置であります。

近年、消費者の食品衛生や品質に対する関心の高まりから、製造側での対応が迫られております。そのような中、窒素ガス特有の性質を利用し、製品の品質に影響を与える空気中の酸素分を制御することが一般的になってきております。
窒素ガスは不活性、無臭、無害という特性を持ち、製品に影響を与えないため、食品や化学製品等の品質保持には最適のガスです。

化学、食品などの工業プロセスにおいては、品質維持のためプロセス流体に溶け込んだ溶存酸素や炭酸ガス等を除去する必要があります。その方法として、脱酸剤、スチーム、減圧脱気などの方法がありますが、コストや除去能力の面から満足いかない場合が多々ありました。
当装置は気体(窒素)の中に水(液体)を通過させるという逆転の発想から生まれました。水質汚濁防止

窒素ガスは無味・無臭の不活性ガスであり、また水中への溶解性も低いため、製品に影響を及ぼしません。

T.特  長           
1.

高効率の脱酸素が可能です。
まったく新しい発想の無気泡気体(窒素等)溶解装置です。いわゆる脱気(真空、減圧、中空糸膜)方式ではありません。 
高純度窒素によりPPBオーダーの脱酸素も可能です。

2. 一定圧力下<(低圧)密封容器中で不活性ガスを溶入させることにより、溶解している酸素ガスを装置外部へ放出させます。処理水(液)には不活性ガスが、設定圧力下での飽和溶解をしますので、他の窒素ガスを使用する方式に比べランニングコストも安価になります。
3. 処理液が常圧下に排出されたときは過飽和となり、その不活性ガスがわずかに放出されますが、このことは、空気との遮断、バリヤーの役目をすることとなり、空気(酸素)の再溶入を防止します。
4. 被処理液は、種類・性状を問いません。ポンプ移送可能なものであれば使用できます。
5. 薬剤などによる処理ではないので、無公害且つ安全です。
U.酸素を液中から取り除く仕組み 
 

「気体の液体への溶解量は、その気体の分圧に比例する」としたヘンリー法則に基づいています。
装置内に溶解を目的とした不活性ガス(窒素、アルゴン等)を連続的に充填し、ガス置換を目的とした水(液)中の溶存酸素(DO)が不活性ガスと置換され、即ち脱酸素水(液)となります。そこで重要となるのは、いかに窒素ガスを効率良く液中に拡散させるかということです。近年、高効率でガスを溶解させる最新技術により、効率的に酸素除去をすることができるようになりました。

 


バブリング、品質保持、品質劣化、焼酎酸化、ワイン酸化、水処理機器、マイクロバブル、酸素濃度、ステンレス腐食防止、配管腐食、水中酸素、ナノバブル
TEL 075-681-2506              PAGETOPへ

   
V.溶存酸素除去性能 
  ■従来技術との比較 バブリングとの比較
 
  ■基本性能 ワイン酸化防止
 
  ■品質に対する効果
 

食品鮮度保持テスト

目的:「めんつゆ」に気体を溶解して日持ちを調べる。

器具:当気体溶解装置   溶存酸素計:GS製 DOM2000

条件:水位は上から30cm、10分経過後に最低水位にして溶解を行い、最後にサンプル採取。雑菌処理なし。

考察:スタート時発泡したが消え、作業中に発泡することはなかった。

テスト結果 :雑菌処理をしていないため、酸素は腐敗してしまいました。炭酸ガスは良好でしたが、PHが下がり味に変化が起きました。

脱酸素試験

 PAGETOPへ

テスト結果 :DO値1ppm以下で発錆抑制効果は大きい(大変見づらい画像ですが)

  W.目的
    酸素が溶解していることによって生ずる反応(酸化)を抑制する。
     A.物理、科学分野
        腐食防止・スケール生成防止・変質腐敗防止・品質特性維持・劣化防止・錆発生防止等 ステンレス腐食防止
     B.生物的分野(微生物)
        好気性、嫌気性生物活動の制御
    C.飲料を美味しく飲める期間を延長。食品の腐敗防止。
 

X.基本システム

Y.主な対象物 
  ・食用油(大豆油、コーン油、植物油等)のO2除去
  ・食用水(日本酒、ビール、ワイン、ジュース、お茶飲料等)のO2除去
  ・飲料水(高架水槽、地下水槽)
  ・ケミカルプロセス水のO2除去
  ・脂肪酸のO2除去
  ・醗酵、土壌などでの有害(微)生物の防除等
  ・ケミカル原料(樹脂、レジン、各種溶剤等)のH2、O2除去
  ・ボイラー用水のO2除去
  ・エタノール発酵等のCO2除去
Z.当社の考え・取り組み
  当社ではお客様の個々のニーズをお聞きし最適なシステムを提案します。まずは資料請求をされては?
・既存設備を活かして食品の安全性向上を図りたいと考えている方!
・ボイラー用水のO2除去を検討している方!
・あらゆる製品の品質劣化防止を検討中の方!
資料請求されてはいかがですか。きっと解決方法が見つかります。
メーカー工場でのサンプルテスト後、貴プラントで貸出機でのデモテストも承ります。
非常にリーゾナブルな価格でシステムを提供いたします。

上場企業多数導入実績あり

価格は処理水量等仕様を打合せさせていただいた上での見積りとなりますので、下記フォームでお問い合わせください

デモ機によるテストできます。効果をご確認ください。
TEL 075-681-2506               ▲PAGETOPへ

 
 
有機排水、曝気槽、溶存酸素、BOD、活性汚泥、排ガスによる悪臭、余剰汚泥
 
Copyrights(c) KYOWA 2001 All Rights Reserved